サンライズフォトは、中古フィルムカメラとオールドレンズのサンライズカメラが運営するウェブメディアです。

sunrise photo

サンライズカメラが運営する、フィルムカメラ、オールドレンズを中心に、
撮る楽しみをサポートするためのメディアです。

  • Home
  • 【オールドレンズ探訪記】Nikon AF NIKKOR 85mm F1.4D 表現力がワンランク上がる1本。(作例あり)

【オールドレンズ探訪記】Nikon AF NIKKOR 85mm F1.4D 表現力がワンランク上がる1本。(作例あり)

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF

今回はミラーレス一眼カメラ+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例をお届けします。

この世に数えきれないほどの種類が存在するオールドレンズ

そんなオールドレンズの中から、サンライズカメラがおすすめできるレンズを1本1本紹介していく、「オールドレンズ探訪記」と第したコーナーです。

これまでに数々のオールドレンズを使ってきた雨樹一期さんと、まだまだ初心者な私いくたで、一緒に様々なオールドレンズで撮影をした作例をご紹介していきます。

なかなか出かけれらない今のご時世だからこそ、改めてじっくり試してみたい中古レンズを見つける手助けになれば嬉しいです!

【前回の記事はこちら】

【オールドレンズ探訪記】正統派で本格的な描写を持ったレンズ。 MINOLTA M-ROKKOR 90mm F4(作例あり)

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

Nikon(ニコン) Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFについて

まずは、今回撮影した中古レンズについて簡単に紹介します。

Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF

 

今回ご紹介するのは、Nikon(ニコン) Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFです。

ポートレートに最適な中望遠85mm、なかでも85mm F1.4と言えば各社力を入れているレンズでしょうか。

まだまだ現役で十分活躍できるNikonのDレンズ、Nikon(ニコン) Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFについて色々調べていると、無限遠も至近距離も両方いける、かなりの高性能レンズとのこと。
中古でもなかなかの価格のようです。

見た目は現代っぽく、そこまでレトロ感は感じませんが写りはどんな感じなのでしょうか?

作例もたっぷり撮影してまいりましたので、ぜひ見ていってください^^

ミラーレス一眼カメラはSONY α7Rを使用

ミラーレスとオールドレンズ

今回も、こちらのオールドレンズNikon(ニコン) Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFを、ミラーレス一眼カメラ、SONY(ソニー)α7Rに装着して撮影しています。
中古のフルサイズミラーレス一眼カメラのなかでも、比較的中古価格が手ごろなものです。

α7シリーズでは――

中古で廉価なフルサイズのミラーレス機が欲しい方にはSONY α7が。 新品でより高性能なフルサイズミラーレス機が欲しい方にはSONY α7 IIIα7 IVがおすすめです。

マウントアダプター

ミラーレス一眼カメラ用のマウントアダプターは、今回もK&F Conceptブランドのものを使用。
ニコンFマウント→SONY Eマウント用のものです。

Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFはオートフォーカスのレンズですが、今回はマニュアルフォーカスでの撮影となりました。

 

Nikon(ニコン) Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

それでは、Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF+ミラーレス一眼カメラの作例を見ていきましょう。

絞り開放の描写を体感

 

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

うお〜1枚目からなんじゃこりゃっでした。絞り開放のF1.4で撮影すると、ピントの合っている部分とそうでない部分の差が激しく分かれています。

玉ボケも端に行けば行くほど楕円に荒れている感じも、オールドレンズらしくて面白い。

 

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

夜の色彩を切り取ってみる

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

このレンズ、夜にも強いとのことで暗い場所での撮影をしてみたのですが、光と影の描写や、色のグラデーションが非常に繊細で驚きました。

 

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

玉ボケ、フレア、ゴーストの出方は?

1箇所だけ色の違う植物が飛び出ていて、バースデーケーキみたいに見えたので。露出を少し下げて、赤い植物を強調しました。下部の玉ボケが受け皿のようになっていて、なんとも素敵!

 

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

きれいなフレアゴーストですね〜!白飛びすぎず、Nikon(ニコン) Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの実力を感じました。

 

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

85mmの圧縮加減って、実際に見た絵よりも、ドラマチックに表現できる気がします。被写体がどんなに小さくても遠くても、際立たせてくれます。

 

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

ただ、色味に関してはちょっと味気ないかなぁ〜という印象です。現代のレンズほど鮮やかではなく、オールドレンズらしい癖もなく、無難という感じでした。

 

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

オールドレンズ撮影Tips!縦に伸びるものは縦構図で

ここで撮影Tips。
今回は構図のお話です。

植物は縦構図だとスッキリ!

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

毎度ながらこちらのTipsは個人的見解ではありますが・・・縦に伸びる被写体は、縦構図に収めるといい感じにスッキリします!

植物系で上に伸びているものは、これからぐんぐん成長していく様や生きている様子を自然体に表現したいことが多いので、そういうときは極シンプルにど真ん中に被写体を置いて、縦構図にします。

 

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

まさにポートレートに最適な85mmレンズは、こういう縦構図がとっても似合うんです!

 

縦と横で迷ったときは被写体の向きを意識

あとは、縦か横かと迷う時には、被写体の伸びている向きや状態を意識するのも良い方法です。

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

上の写真は木道に置かれていた小枝4姉妹(もしくは兄弟)。あんま深く考えて撮影したわけではないので後付けかもしれませんが、この子達は文字通り「横たわってる」状態だったので横かなと。
これを縦構図で撮影したら、なんかグラついて落ち着かない感じがすると思います。木道の線も、歩く目線から見ると横線だったので、これは横だなと。

下の写真は、水路が縦へ伸びていて、水が上から下へ流れていたので、縦構図に。

 

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

もちろん表現意図によって横構図にした方がいい場合もありますし、人によって色々なセオリーがありますが、なんとな〜くいつも横の構図ばっかりになってしまうなぁ・・という方はぜひ縦構図も意識してみてください。

また、表現力をワンランク上げるには、闇雲にすぐファインダーを覗くよりも、一呼吸置いて「何をどう写したいのか?」、表現意図を持ってからカメラを構えることが必要になってくると思います。

 

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例

 

 

「Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF」+ミラーレス一眼カメラで撮影した感想

 

Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF

 

描写力のクオリティは圧巻です!

とびきりの1枚を狙いにいきたいときに、Nikon(ニコン) Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの実力は発揮されるのではないでしょうか。

少々手が出しづらい価格帯ではありますが……憧れの1本としていつかは手に入れたいレンズ。

オールドレンズの欲しいものリストに加えてみる価値は大ありです!

「旅×フィルムカメラ」シリーズでも、Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFを使って撮影しています。
ぜひご覧ください。

【Nikon F100作例】カメラ女子が長野県小谷村で雄大な自然と人のやさしさに魅せられたお話。【旅×フィルムカメラ第5弾】

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF 簡単な解説

ここからは、中古フィルムカメラとオールドレンズのサンライズカメラ スタッフが、今回ミラーレス一眼カメラで作例を撮影したAi AF Nikkor 85mm F1.4D IFについて簡単に解説します。

Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF

Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF

マウントNikon Fマウント
構成8群9枚
重量550g
フィルター径77mm
専用フードHN-31
メーカーNikon(ニコン)
新品時価格165,000円(税込、終売時)

参考文献:
「AI AF Nikkor 85mm f/1.4D IF – 主な仕様 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング」
「AI AF Nikkor 85mm f/1.4D IF – 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング」
「AI AF Nikkor 85mm f/1.4D IF – 関連製品 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング」
(2022年4月1日閲覧)

Nikon(ニコン)の中望遠レンズ、Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFは、ポートレートレンズとしては定番のスペックをもった一本。

このレンズが新製品だった1990年代には、多くの美しいポートレートがこのレンズで撮影されたのではないでしょうか。
今回は風景や植物中心の作例をお届けしましたが、当然ながら、明るい中望遠はポートレート以外でも味わい深いもの。
きっとあなたの撮影の幅をぐっと広げてくれることでしょう。

今回の撮影ではSONYのミラーレス一眼カメラにマウントアダプターで取り付けたためマニュアルフォーカスでしたが、ピントリングの幅も広く、指掛かりはとてもよいです。
もちろんポートレート撮影が好きな方にとっても、ボディ内にモーターを持つデジタル一眼レフカメラなら性能を存分に引き出すことが可能です。
(Nikon Zマウント ミラーレス一眼カメラ用のマウントアダプターFTZ、FTZ IIではマニュアルフォーカスとなります)

Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF

Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFは85mm F1.4というスペックだけあり、とても濃厚なボケが楽しめる一本。
開放ではピントが合う範囲がとても狭くなります。

今回の作例では特徴が出やすい被写体も多く撮影しています。
後ボケには多少ぞわぞわした感じがあったり、周辺部ではさすがに光点が楕円形になったりはしますが、そういった部分も含めて味として楽しめる、明るく楽しいレンズです。

↓作例を再掲

Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF 作例

Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF

さて、名前にDとついていることからもわかるように、Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFはオートフォーカス化されたニッコールレンズのなかでも、距離エンコーダを内臓したDタイプレンズです。
そのため、モーターこそボディ側のものを使用しますが、AFフィルム一眼レフカメラやデジタル一眼レフカメラでは、各種マルチパターン測光をフル機能で使用可能となっています。

Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFは新品時の価格がとても高価だったレンズ。
中古の価格はそれに比べると低くなってはいますが、DタイプのAFニッコールレンズの中古としては比較的価格の高い部類であるとはいえます。
ただ、このスペックを考えると5~6万円くらいという中古価格はけっして高いものではないといえるのではないかと感じます。

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF まとめ

ミラーレス一眼カメラ+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例をお届けしました。
他にもサンライズカメラでは、さまざまな中古オールドレンンズのレビューをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください^^

中古価格は比較的高めですが、欲しくなってしまうレンズですね。

こちらの記事でもフィルムカメラのNikon F100+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFの作例を掲載しています。

【Nikon F100作例】カメラ女子が長野県小谷村で雄大な自然と人のやさしさに魅せられたお話。【旅×フィルムカメラ第5弾】

オールドレンズ探訪記 次の記事はこちら

オールドレンズ探訪記、次回は雨樹一期さんの執筆で、旧ソ連製のレンズ、Helios-44-2 58mm F2+ミラーレス一眼カメラの作例をお届けします。
価格が安く描写の特徴も強い旧ソ連製レンズ、どんな写りをするのかご期待ください。

【オールドレンズ探訪記】Helios-44-2 58mm F2はオールドレンズらしさを堪能できるレンズ(作例・撮影Tipsあり)

著者紹介: いくた りか

家族写真をメインに活動するフォトグラファー。
2020年より自己表現の幅を広げるべく、自己表現の幅を広げるべくフィルムカメラの世界に足を踏み入れました。
比較的若い世代にも、クールで味わい深いフィルムカメラの良さを気軽に楽しんでもらえるよう、同じ目線で綴っていきます。

▼さくらふ写真HP
https://www.rikadono.com/rikadono/

関連記事