サンライズフォトは、中古フィルムカメラとオールドレンズのサンライズカメラが運営するウェブメディアです。

sunrise photo

サンライズカメラが運営する、フィルムカメラ、オールドレンズを中心に、
撮る楽しみをサポートするためのメディアです。

  • Home
  • 【オールドレンズ探訪記】TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB 驚くほどコンパクトな癖あり超望遠レンズ!(作例・撮影Tipsあり)

【オールドレンズ探訪記】TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB 驚くほどコンパクトな癖あり超望遠レンズ!(作例・撮影Tipsあり)

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB
この世に数えきれないほどの種類が存在するオールドレンズ
そんなオールドレンズの中から、サンライズカメラがおすすめできるレンズを1本1本紹介していく、「オールドレンズ探訪記」と第したコーナーです。
使用カメラは、「SONY α7R」というミラーレス一眼カメラを主に使用して撮影していきます!

これまでに数々のオールドレンズを使ってきた雨樹一期さんと、昨年からフィルムカメラやオールドレンズに触れ始めた、初心者な私いくたで、一緒に様々なオールドレンズで撮影をした作例をご紹介していきます。

ミラーレス初心者でもドラマチックな写真が撮れる!オールドレンズの魅力や楽しさを大公開!!

今回ご紹介するのは、「TAMRON SP 500mm F8 TELE MACRO 55BB」です!

私いくたにとっては、初めての焦点距離、500mmの超望遠レンズ。
まだまだ勉強不足で恐縮ですが、試行錯誤しながら撮影するのもとても面白かったです!

作例もたっぷりなので、ぜひ温かい眼差しでご一読いただけたら嬉しいです^^

【オールドレンズ探訪記 前回の記事はこちら】

【オールドレンズ探訪記】銘玉!CONTAX Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8は圧倒的な描写力と微細な世界を兼ね備えていた(作例・撮影Tipsあり)

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

「TAMRON SP 500mm F8 55BB」について

まずは、今回作例を撮影したTAMRON SP 500mm F8 55BBがどんなレンズなのか簡単に紹介します。

TAMRON SP 500mm F8 55BBのスペック

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

レンズ構成4群7枚
最短撮影距離1.7m
フィルター径30.5mm
発売年月1983年
価格62,400円

参考文献:TAMRON公式Webサイトより、TAMRON SP 500mm F8 55BBの紹介ページ(2022年6月16日閲覧)

とても小型の超望遠レンズ

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

望遠レンズは300mmくらいまでしか使用したことがなく、密かにずっと使ってみたかった超望遠レンズ。
野鳥観察とか、旅先で遠くの人とか動物とか撮りたいと思うことも多いので、1本あればすごい楽しめるだろうなぁ〜と!
最初は、500mmと聞いて、もしやあのバズーカーのようなレンズか・・?!
と思ったら、TAMRON SP 500mm F8 55BBはめちゃくちゃ小さくてびっくりしました。笑
ミラーレス一眼カメラに装着しても、そこまで違和感なく、手のひらに収まるサイズ感

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

そしてそして・・・こんな風貌のレンズは初めてお目にかかりました!

「反射望遠」「ミラーレンズ」と言われる種類だそうです。

比較的リーズナブルな価格で、超望遠の世界が楽しめるレンズとして、マニュアルレンズの全盛期には愛されたレンズとのこと。
コンパクトな超望遠レンズとして人気みたいです!これは旅にもめちゃくちゃ重宝しそう。

ただ、ミラーレンズという種類はいまではレアみたいですね、レアと言われるとなんとなく惹かれますね。

タムロンのMFレンズは交換マウントの「アダプトール」

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON SP 500mm F8 55BBは、元々アダプトールというレンズのマウントが交換できる種類だそうで、いつもミラーレス一眼カメラとオールドレンズの間に挟むアダプターと、もう一つアダプターを挟む、ダブルアダプターという形!(勝手に命名)

最初は装着方法がよくわからんくて戸惑いましたが、全てがカチッとハマる感覚にプチ達成感を感じます。笑

ミラーレス一眼カメラに取り付けるためのマウントアダプター「アダプトール」(アダプトール2)がペンタックスKマウント用だったので、SONY Eマウント→Kマウントのものを使いました。

ちなみにタムロンのアダプトールを直接ミラーレス一眼カメラへ変換するマウントアダプターもあるようです。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

F値は固定でF8通し。

ドーナツ状のミラーから生まれる、独特のリングボケも特徴的とのことで、どんな写りでしょうか?

早速、以下の作例をご覧ください〜!

「TAMRON SP 500mm F8 55BB」で撮影した作例

それでは!
超望遠レンズのTAMRON SP 500mm F8 55BBでどんな写真が撮れるのか、作例いってみましょう!

遠くの被写体が細かい部分まで見える!

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

初めて超望遠レンズで作例を撮影してみた、ファーストインプレッションは・・・マクロレンズみたい!

めちゃくちゃ遠くにあるはずの被写体のかなり細かい部分を見ることができる感動。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

蓮の葉っぱの上に弾く水滴。繊細な描写が叶います。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

琵琶湖での作例

続いて、滋賀県琵琶湖で撮影した作例たちを。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

水平線にぼんやりと光る光の線。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

小さな島の灯台まで見えました。

肉眼では見えないのに、レンズを覗くと色々なものが見えて面白い!双眼鏡として使えます。笑

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

水面にスポットを当ててみる。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

猫ちゃんに気づかれないよう、逃げられないように、、、盗撮できてしまう超望遠レンズ。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

・・・お!見つかった。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

前ボケが原型をほぼ成さないレベルにボケます。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

背景のボケもかなり乱れるので、なんだか不思議な世界観に。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

ミラーレンズならではの「リングボケ」

そしてそして、TAMRON SP 500mm F8 55BBは、ミラーレンズの特性上、ボケがとても独特。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

この作例のようにあえてピントを外してぼかしてみるとよくわかります、ドーナツ型!

「リングボケ」と呼ばれているらしいです。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

被写体の前後がかなりボケて、圧縮効果もすごいので、暗い場所でほんの少し光が当たっている部分に焦点を合わせてみるだけで、なんだか雰囲気がでました。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

ピントを奥に合わせるのと、手前に合わせるのと、それぞれの違いを。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

撮影Tips!超望遠レンズの楽しみ方

さて。
ここからは、TAMRON SP 500mm F8 55BBのような超望遠レンズならではの撮影方法を解説します!

1.圧縮効果

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

圧縮効果とは、実際には遠く離れて存在する被写体が、あたかもとても近い距離にあるようになる効果です。

広角レンズが、遠近感を感じさせるのと真逆で、遠近感の無い写真になります。

遠景と近景、それぞれ一つのレイヤーとして捉えたとして、その複数のレイヤーをすべて圧縮して一つの画角の中に収めることができる、というイメージでしょうか。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

海と、山々の連なり。

作例のように、実際の距離でいうとかなり離れているはずの山同士が、圧縮効果によりまるで隣り合わせになっているように見えます。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

この黄昏時の淡い色味の空。そして前の山から、後ろへいくにつれ段々色が薄くなっていく感じ・・・自然のグラデーションがすごく好きです。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

2.大胆なボケ

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

望遠レンズは、被写界深度がとても浅くなります=ボケます。

今回作例を撮影しているレンズ、TAMRON SP 500mm F8 55BBは、ボケの形がドーナツ型のような不思議な玉ボケも面白かったです。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

圧縮効果も相まって、かなり背景もボケるので、

背景に沢山情報を入れたくないときに、マクロレンズっぽく被写体のみを浮き彫りにするのも効果的だなぁ。

と個人的には感じました。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

カメラのレンズの種類とは?標準・広角・望遠・マクロ等徹底解説!!

3.遠くのものを大きく写す

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

一番オーソドックスな特徴ですが、TAMRON SP 500mm F8 55BBのように500mmという焦点距離だと、かなり遠くのものを捉えることができて、純粋に楽しいです。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

おぼろづき。この作例は手持ち撮影だったのでちょいとブレましたが、トリミングとかせずにこんなに月を大きく写せるんだぁ!と素直に感動。今度はもっときれいに撮りたいな!

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

走っている電車の中から撮影したのでブレブレ・・・ですがとても綺麗だった日の入り。

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

【撮影基礎講座9】レンズの焦点距離と画角とは? 標準・広角・望遠の違い

「TAMRON SP 500mm F8 55BB」で撮影した感想

TAMRON(タムロン) SP 500mm F8 55BB

初めての超望遠レンズ、TAMRON SP 500mm F8 55BB。

作例を撮影した率直な感想は、ピント合わせがとても難しかったです!望遠レンズの特徴のひとつとして、ブレやすいというのもありますね。

それでもISO感度をガンガン上げれば撮れなくはないし、三脚使えば暗い場所での撮影ももっとスムーズにできるし、なにより最新のレンズと比べたら、一癖も二癖もある独特な描写も楽しめるレンズ。

普段、超望遠レンズを使わない自分にとっては、コンパクトとは言えやっぱり少し重たく感じましたが、いつもと違う視点で撮影を楽しめるのですごく勉強になりました!

気になる方は、ぜひ中古で見つけたらチェックしてみてくださいね^^

オールドレンズの魅力とは?いまフィルムカメラ用の中古レンズを使う理由。

初心者におすすめのオールドレンズ17選 マウントアダプターで楽しむ中古レンズのススメ

TAMRON SP 500mm F8 55BBについて簡単な解説

ここからは、中古フィルムカメラとオールドレンズのサンライズカメラ スタッフが、今回作例を撮影したTAMRON SP 500mm F8 55BBについて簡単に解説します。

TAMRON SP 500mm F8 55BB

TAMRON SP 500mm F8 55BB

レンズ構成4群7枚
最短撮影距離1.7m
フィルター径30.5mm
発売年月1983年
価格62,400円

参考文献:TAMRON公式Webサイトより、TAMRON SP 500mm F8 55BBの紹介ページ(2022年6月16日閲覧)

TAMRON SP 500mm F8 55BBは、タムロン アダプトール2の超望遠レンズ。
いくたさんの解説にもあったように、タムロンのマニュアルフォーカス時代のレンズは交換式マウントを採用しています。

「アダプトール2」は、そんなタムロンの交換マウントの決定版。
日本の大手メーカー各社をはじめ、マイナーなマウントまで非常に多くのレンズマウントに装着可能です。

名前にSPと付くので、タムロンのアダプトール2レンズとしては高性能ラインの製品ですね。

ミラーレンズ

TAMRON SP 500mm F8 55BB

さて、このTAMRON SP 500mm F8 55BBはミラーレンズ(反射望遠レンズ)です。

ミラーレンズと、その他の多くの写真レンズとの違い。
それが、光学ガラスで作られたレンズの屈折だけでなく、曲面鏡による反射が用いられていることです。

※鏡による反射だけでも像を結ばせることは可能ですが、多くのミラーレンズは鏡とレンズが併用されています。

ミラーレンズの特徴は、通常の屈折光学系のレンズに比べ、超望遠レンズを小型に作ることができるということ。

ただし、

著者紹介: いくた りか

家族写真をメインに活動するフォトグラファー。
2020年より自己表現の幅を広げるべく、自己表現の幅を広げるべくフィルムカメラの世界に足を踏み入れました。
比較的若い世代にも、クールで味わい深いフィルムカメラの良さを気軽に楽しんでもらえるよう、同じ目線で綴っていきます。

▼さくらふ写真HP
https://www.rikadono.com/rikadono/

関連記事