サンライズフォトは、中古フィルムカメラとオールドレンズのサンライズカメラが運営するウェブメディアです。

sunrise photo

サンライズカメラが運営する、フィルムカメラ、オールドレンズを中心に、
撮る楽しみをサポートするためのメディアです。

  • Home
  • 【オールドレンズ探訪記】訳ありレンズ!?Nikon Ai NIKKOR 28mm F2はスナップに最適レンズだった(作例あり)

【オールドレンズ探訪記】訳ありレンズ!?Nikon Ai NIKKOR 28mm F2はスナップに最適レンズだった(作例あり)

【オールドレンズ探訪記】訳ありレンズ!?Nikon Ai NIKKOR 28mm F2はスナップに最適レンズだった(作例あり)

今回作例をご紹介するのは、Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2です。

この世に数えきれないほどの種類が存在するオールドレンズの中から、サンライズカメラがおすすめできるレンズを1本1本紹介していく、「オールドレンズ探訪記」と第したコーナーです。
これまでに数々のオールドレンズを使ってきた雨樹一期さんと、昨年からフィルムカメラやオールドレンズに触れ始めた、初心者な私いくたで、一緒に様々なオールドレンズ+ミラーレス一眼カメラで撮影をした作例をご紹介していきます。

今回は”訳ありレンズ”ということで、「実際写りにどう影響するの?」と購入を迷っている方に向けても正直な感想を言っていこうと思います!

【オールドレンズ探訪記 前回の記事はこちら】

【オールドレンズ探訪記】 これ1本あれば問題なし!CONTAX Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.4 MMJ(作例あり)

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2について

まずは、今回作例を撮影したオールドレンズ、Ai NIKKOR 28mm F2にどんな特徴があるのか簡単にご紹介します。

Ai NIKKOR 28mm F2とは

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2

まず、Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の特徴について、サンライズカメラの方に聞いてみたところ、同じニッコールレンズの「35mmF2」と比較されることがあるそうです。

同じF2のレンズでも35mmって結構スナップで使いやすいと言われますが、28mmだと広角すぎるのかな?
それとも全然気にならないかな?みたいなところを見てみました。

あと、この連載でも同じニッコールの広角レンズを何度か取り上げましたが、今回は一番明るい「F2」のレンズということで、ボケ味にも期待していきたいと思います!

Ai NIKKOR 28mm F2の外観

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2

ころんとしたフォルムと、絞りリングに刻印されたカラフルな数値が可愛くて好きです。

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2

今回のレンズは「訳ありレンズ」

「バル切れあり、中玉に全体的に薄カビあり」という”訳あり品”というのが今回お借りしたレンズの詳細です。

こういった状態のレンズがどんな描写になるのかも、今回の作例ではお伝えできればと思います。

使用したミラーレス一眼カメラ・マウントアダプター

オールドレンズを使用するのに使ったミラーレス一眼カメラは、SONY(ソニー)α7Rです。

(↓の画像はOLYMPUS PEN F用のZuiko 42mm F1.2を取り付けたときの写真)

ミラーレスとオールドレンズ

マウントアダプターは、Nikon FマウントをSONY Eマウントに変換するものを使用
今回もいつもの通り、K&F Conceptさんのものを使っています。

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例紹介

それでは、Ai NIKKOR 28mm F2+ミラーレス一眼カメラの作例、いってみましょう!

広角レンズながらなかなかのボケ

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

おお〜!これはボケがいいぞっ。
被写体がうき出すような世界観がまたオールドレンズらしくて。

28mmでポートレートって、顔歪まないかなぁと少し心配しつつ、ある程度モデルさんから距離をおけばそこまで気になりませんでした。むしろこのボケ感が生きてて、すごく好みな描写になりました。

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

さすがはニッコールレンズ。繊細な描写力もしっかりあります。

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

開放時のボケ方がくっきり!

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

青木ヶ原樹海で作例を撮影していきます

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

寄ったり引いたり。自然散策で歩く時とか、旅の時にはレンズをあれやこれや持っていきたくないので、これ1本で色々な描写ができるのはとても嬉しい。

あと、かなり近くまで寄れるので、見せたい被写体に絞り込むこともできる。

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

ここは富士山の溶岩で形成された地、青木ヶ原樹海

所々大地の割れ目があったり、地面に張り巡らされた根っこがあったり、動植物もすごく生き生きとした素晴らしい場所でした。

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

周辺露光が少し落ちるので、寄って、開放で、被写体が浮き出るような描写が良い感じになります。

(苦手な方いたらすみません。かわいいシャクトリムシくん)

コンクリートの地面って、ぼかすとキラキラするの、不思議ですよね〜!

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

バーべーキューで作例を撮影

樹海の近くで拾った松ぼっくりを着火剤に。よくオーナメントにもなったりする松ぼっくり、とっても可愛らしくて、灰になる前にぱしゃり。笑

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

寄りと引きをすっかり楽しむ。私的には28mmとっても楽しい!

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

色味も全然くどくないし淡すぎない、けどどこか温かみのある風合いがすごく好きで、現代のレンズだときれいすぎてこの温かみはなんか出ないんだよなぁと最近すごく感じる。

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

先ほどの松ぼっくりさん、良い仕事をしてくれました。(なむなむ・・

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

引きの構図でも良い感じ!

広い景色を写したいときもばっちり。この作例はノーレタッチですが、すごく優しくて良い色味じゃないですか?

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

これは気に入った1枚。朝の湖、水が逆光でキラキラしてたのが美してく、そんなときにうんと寄ってボカせたので意図した写真にちゃんとなって嬉しかった!

望遠だと、きっと奥の背景にした山間がすごく近く感じて、この奥行き感は出なかったから、手に持ってたのがNikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2でほんとよかった!

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

階段好き。階段あるとすぐモデルにしちゃう。ちなみにどっちも上り降りしてみたけど、左の方が若干安定感あり。

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

カラフルもだいすき!色はやっぱり濃すぎず淡すぎず、ちょうどいい。

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

これもとっても好きな一枚。光と影がちょうど半分。湖畔に向けて歩き出す感じが、清々しくて。

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

ゴースト、フレアはやっぱり魅力的ですね!

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

オールドレンズ撮影Tips!広角レンズで寄ってみる

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

広角レンズで撮影するとき、被写体にうんと近づいて撮ると、どーん!とした迫力のある写真になって面白いです。(語彙力・・・)

寄ってもちゃんと全体像が見えるので、被写体の存在感を引き出せます。色々背景に含めすぎずにシンプル日の丸どーんも、私は好きです。

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

今回のNikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2のようなオールドレンズだと、画面の端に行けばいくほど、乱雑な玉ボケになる感じが、さらに存在感を浮き彫りにする感じがします。

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

歪みが気になる場合はあれですが、専門の人からしたらあれかもしれませんが、、どーんと美味しいフード撮影にも、いいかもしれません。

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

ご当地納豆は旅には欠かせない。道端の無人販売で買ったレタスにトマト、昨晩の酒のあての余りの生ハムとたまり漬けクリームチーズ。

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

二十日大根にケールにほうれん草にきゅうり。色がすごくきれい!

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2の作例

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2で作例を撮影した感想

Nikon(ニコン) Ai NIKKOR 28mm F2

Ai NIKKOR 28mm F2+ミラーレス一眼カメラで作例を撮影した感想としては……

  • かなりボケる!
  • かなり寄れる!
  • 類似品の中だったら今んとこ一番!

というのがざっくりした感想。

訳ありレンズでしたが写りのところは?

バルサム切れ、薄いカビありの訳あり品とのことでしたが、個人的には全く気にならずにむしろそのことについて忘れていました。(笑)
それくらい、写真の移りに対して影響が無かったのが撮影を通して分かりました。

そして今まで作例を撮影させていただいた28mmのオールドレンズの中では、一番しっくりきました。

この軽さ・コンパクトさはとても扱いやすくて、何を撮るかわからないけどちょっとカメラ持ってこうかなぁという時にちょうど良いサイズ感。
ぜひ一度お試しください^^

28mmのニッコールレンズ 関連記事

焦点距離28mmのニッコールレンズは、こちらでもF2.8の作例をUPしています。
ぜひ併せてご覧ください。

【オールドレンズ探訪記】超優秀!Nikon Ai NIKKOR 28mm F2.8Sはバランスの良いレンズだった(作例あり)

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

Ai NIKKOR 28mm F2 簡単な解説

ここからは、今回作例を撮影したオールドレンズ、Ai NIKKOR 28mm F2について、中古フィルムカメラとオールドレンズのサンライズカメラ スタッフが簡単に解説します。

Ai NIKKOR 28mm F2

Ai NIKKOR 28mm F2

マウントNikon Fマウント
最短撮影距離0.3m
メーカー日本光学(Nikon)

Ai NIKKOR 28mm F2は、1970年代の28mm広角単焦点レンズとしては比較的明るい製品です。
28mm F2というスペックを持つマニュアルフォーカスのニッコールレンズは、NIKKOR-N.C Auto 28mm F2にはじまり、NEW NIKKOR 28mm F2を経て、今回作例を撮影したAi NIKKOR 28mm F2に至ります。
その後、AiレンズからAi-Sレンズになってからは、ニコン公式Webサイトにアーカイブとして残っていることからもわかるように、Ai NIKKOR 28mm F2Sとして比較的近年まで販売されていました[1]「AI Nikkor 28mm F2S – マニュアルフォーカスニッコールレンズ | ニコンイメージング」(2022年6月19日閲覧)

これら、ニコンFマウントの28mm F2には近接補正方式が採用されており、今回の作例でも近接時の撮影に威力を発揮していることが伝わったかと思います。
鏡筒に刻印された最短撮影距離は0.3mで比較的寄ることが可能です。

Ai NIKKOR 28mm F2を中古で買うなら

Ai NIKKOR 28mm F2

ほかの28mm F2のマニュアルフォーカスニッコールレンズにもいえることですが、ニッコールレンズ自体製造数が多く中古にも比較的多いため、Ai NIKKOR 28mm F2は明るめの広角中古レンズとしては価格は手頃な部類です。
Nikon Fマウントの中古フィルムカメラボディも状態が良く価格が安いものが豊富にあるので、フィルムでの撮影に使うのもよいですね。

今回作例を撮影したものは「訳あり」の状態でしたが、もちろんベストなのはカビやクモリ、バルサム切れなどのない状態の良い中古なのはもちろんです。
状態の良い中古だったとしても、Ai NIKKOR 28mm F2ならそれなりに価格の安い中古を探すことも可能でしょう。

今回使用したミラーレス一眼カメラについて

今回の作例撮影でも、ミラーレス一眼カメラにはSONYのα7Rを使用しました。
中古価格が手頃なローパスレス機として貴重な存在かと思います。

ほかにもオールドレンズの使用に向いているミラーレス一眼カメラのボディとしては――

中古で廉価なフルサイズのミラーレス機が欲しい方にはSONY α7が。 新品でより高性能なフルサイズミラーレス機が欲しい方にはSONY α7 IIIα7 IVがおすすめです。

Ai NIKKOR 28mm F2 まとめ

今回はAi NIKKOR 28mm F2+ミラーレス一眼カメラで撮影した作例をお届けしました。
訳ありな状態の中古レンズとはいえ、近接にも強い明るい広角レンズならではの描写をお伝えできたと思います。

ニッコールの単焦点を広角・標準・望遠と揃えるなら、比較的明るく中古価格もそこまで高くないAi NIKKOR 28mm F2はなかなかの狙い目。
あなたのレンズラインナップに加えてみませんか?

オールドレンズ探訪記 次の記事はこちら

次回のオールドレンズ探訪記では、OLYMPUS PEN F用の明るい標準レンズ、H.ZUIKO Auto-S 42mm F1.2で撮影した作例をお届けします。
ぜひご覧ください。

【オールドレンズ探訪記】 OLYMPUS H.ZUIKO Auto-S 42mm F1.2でバル切れレンズ検証!(作例あり)

著者紹介: いくた りか

家族写真をメインに活動するフォトグラファー。
2020年より自己表現の幅を広げるべく、自己表現の幅を広げるべくフィルムカメラの世界に足を踏み入れました。
比較的若い世代にも、クールで味わい深いフィルムカメラの良さを気軽に楽しんでもらえるよう、同じ目線で綴っていきます。

▼さくらふ写真HP
https://www.rikadono.com/rikadono/

関連記事